国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > JST事業成果展示 > 戦略的創造研究推進事業

戦略的創造研究推進事業

大学・企業・公的研究機関等の研究者からなるネットワーク型研究所(組織の枠を超えた時限的な研究体制)を構築し、その所長であるプログラムオフィサー(研究総括等)による運営の下、研究者が他の研究者や研究成果の受け手となる産業界や広く社会の関与者とのネットワークを構築しながら、研究を推進します。

  • CREST
    科学技術イノベーションにつながる卓越した成果を生み出すネットワーク型研究(チーム型)

    研究総括が定めた研究領域運営方針の下、研究総括が選んだ、我が国のトップ研究者が率いる複数のベストチームが、チームに参加する若手研究者を育成しながら、研究を推進します。

    研究機関
    5.5年
    研究費
    総額1.5億~5億円程度/チーム
  • さきがけ
    科学技術イノベーションの源泉を生み出すネットワーク型研究(個人型)

    研究総括が定めた研究領域運営方針の下、研究総括が選んだ若手研究者が、研究領域内および研究領域間で異分野の研究者ネットワークを形成しながら、若手ならではのチャレンジングな個人型研究を推進します。

    研究機関
    3.5年
    研究費
    総額3,000万円~4,000万円程度/課題
  • ACCEL
    トップサイエンスからトップイノベーションを生み出す研究開発

    戦略的創造研究推進事業等で創出された世界をリードする顕著な研究成果を、トップイノベーションを指向する研究マネジメントにより、技術的成立性の証明・提示(Proof of Concept: POC)及び適切な権利化まで推進します。

    研究機関
    ~5年
    研究費
    数千万円~3億円程度/年・課題
  • ERATO
    卓越したリーダーによる独創的な研究

    規模の大きな研究費をもとに既存の研究分野を超えた分野融合や新しいアプローチによって挑戦的な基礎研究を推進することで、今後の科学技術イノベーションの創出を先導する新しい科学技術の潮流の形成を促進し、戦略目標の達成に資することを目的としています。

    研究機関
    5.5年
    研究費
    総額12億円程度
    参考資料
イノベーション・ジャパン2020出展 課題・研究者
プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop