Center of KANSEI Innovation Nurturing Mental Welfare
精神的価値が成長する
感性イノベーション拠点
ABOUT US
「モノ」と「こころ」が調和し、
精神的価値が成長するハピネス社会
 モノづくりの技術は、経済性や効率に軸足をおいて進展してきました。モノを活用する人の充足感や精神的価値の向上など、内心の変化への着目が遅れているのは、現代においても、心の動きの科学的解明が容易ではないためです。

 感性イノベーション拠点では、このチャレンジングな課題に最新の脳科学を駆使してアプローチすることで、人と人・人とモノ・人と社会が「感性」によって繋がり、調和する社会の実現を目指します。

 私たちは、研究対象である「感性」を、「視覚・聴覚などから得られる情報を個人の経験と照らし合わせた時に、何らかの『気づき』が生じる脳の活動」と定義づけました。このメカニズムを解明することによって、新しい価値を生み出す知的基盤を構築し、モノづくりやサービスに革新をもたらすことができると考えています。

プロジェクトリーダー

吉田 秀俊

 我々感性COI拠点は、文部科学省・JSTが2013年に開始した「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」に採択された拠点のひとつで、【ビジョン2 豊かな生活環境の構築(繁栄し、尊敬される国へ)】を実現するため、研究開発を進めてきました。
続きを読む
感性可視化技術
感性メーター

 
血管剛性測定

表情音声心情識別

INTERVEW
研究者インタビュー
笹岡 貴史

リサーチリーダー

広島大学BMKセンター
准教授

Read
町澤 まろ
広島大学BMKセンター
特任准教授


Read
辻󠄀 敏夫

広島大学大学院
先進理工系科学研究科教授


Read
Application example
応用事例
感性メーター
高精度・簡便なワイヤレス脳波計を用いて「わくわく感」をはじめとする感性を定量評価できる世界初の技術です。(広島拠点)
詳しく / MORE
血管剛性推定
血圧と血流量の測定からリアルタイムに血管の硬さを算出し、痛みやストレスを定量評価できる世界初の技術です。(広島拠点)
詳しく / MORE
表情音声心情識別
表情・音響(声のトーン)・テキスト(発言の内容)を統合して判断することで、感情を推定するアルゴリズムです。(広島拠点)
詳しく / MORE
 
 
 
 
 
LINKS
関連サイト
精神的価値が成長する感性イノベーション拠点

BMK 広島大学 脳・こころ・感性科学研究センター

センターオブイノベーションプログラム

広島大学オープンイノベーション事業本部

社会実装に向けて
 感性COIプロジェクトを形成している3拠点では、知覚の可視化・感性の可視化・センシングデバイスの開発を目指して、基礎や応用、デバイス開発、そしてKANSEIコンソーシアムメンバーとの実装試験など、幅広い研究・活動を展開しています。こうした研究や活動の成果を活かし、本プロジェクトの目的でもある社会課題への貢献を実現するために、様々な研究の中から、社会実装への応用可能性が高いものを「ツール」として集め、それらを組合せることで、より精度の高い客観的評価を得られる「統合解析パッケージ」を構築すべく、準備に入りました。「統合解析パッケージ」による「感性」の可視化は、基礎研究から企業による商品企画、社会制度のデザインまであらゆるジャンルにおいて、これまでの主観的評価に基づく研究や設計・開発を、脳科学に基づく客観的評価で補完することを可能にし、画期的な変革をもたらすことができます。

広島大学 感性イノベーション研究推進機構

Tel: 082-257-1737 Fax: 082-257-1723

info@coikansei.hiroshima-u.ac.jp
Copyright 2020 KANSEI COI. All Rights Reserved.