運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点

「運動」を媒介に「スポーツ・運動」と「医療」の両側面から健康を維持・増進し、全ての人々をアクティブな状態へ誘導する。さらに人々の時間と空間を共有し、「日本の誇るべき絆社会」の実現を目指します。

Research研究開発テーマ

01スマートウェアの
実用化

フレキシブル生体センサを応用し、“着るだけ”で各種生体信号が計測できるスマートウェアの開発を行います。ユーザーへの計測結果のフィードバックや運動を誘発するためのアプリケーション開発も行います。

HPで詳しく見る

02空間シェアリングの
実用化

指向性および直進性の強い超音波スピーカーを用いて、同一空間を音による区分けを行う技術です。空間一点で受聴可能な極小領域オーディオスポットの構築にも成功し、音像ホログラムへの可能性を示しました。

HPで詳しく見る

03運動誘導継続の実現

スマートウェアや超指向性スピーカーの特性を組み合わせ、生体情報を基に個人に特定した運動プログラムを提供します。運動を通じた多世代交流の誘発で、各世代ユーザーが心身ともに健康を増進維持できる環境を構築します。

HPで詳しく見る

04ロコモ発症予防

ロコモセンシング技術でロコモ予備軍の見える化に世界で初めて成功。予備軍に対して適切な運動プログラム・運動支援機器を開発します。また、同対象者からの尿をもとにバイオマーカーも特定し、予備群の日常的・簡易的な見える化法も開発します。

HPで詳しく見る

05ロコモ進展予防

ロコモ状態の人々のバイオマーカー候補を尿から検出に成功。尿を使えば、非侵襲的かつ日常的にロコモ状態を把握できます。進展を防ぐため、潜在女性医師による体調管理通信システム、アンチロコモサプリを開発します。ロコモ発症予防事業成果を取り込み、ロコモ発症と進展自己管理できるシステムを構築します。

HPで詳しく見る

Progress社会実装に向けたコンテンツ開発

スマートウェア
フィットネス事業

バイタルデータの変化をゲーム性のある映像と組み合わせたフィットネスプログラム。参加者同士が共感でき、何度でも挑戦したくなるコンテンツ開発を進めています。

HPで詳しく見る

スマートウェア
教育教材事業

スマートウェア技術で、ICT教育に活用可能な体育教材、音楽教材のほか、多世代で楽しく運動することが可能になる教育教材の開発を進めています。

HPで詳しく見る

バイタルデータ
アート化システム事業

スマートウェア技術を基盤とし、運動中の筋電や心電といった生体信号を視覚的・聴覚的に変換する仕組みを利用したコンテンツの開発を進めています。

HPで詳しく見る

ピンスポットオーディオ
による
空間シェアリング事業

極小領域で音を再生させるピンスポットオーディオ技術、特定のエリアにのみ音を届ける空間シェアリング技術を活かした製品開発を進めています。

HPで詳しく見る

COVID-19対応私たちにできること
新型コロナウイルス感染症対策に
向けたアプローチ

離れていても心はひとつ。
いろいろな空間の中で
いろいろな世代の人たちがつながる。

HPで詳しく見る

ウェブアプリ
「Biosignal Art」

非接触のニューノーマル時代に対応。
運動を点数や音楽表現に変換するウェブアプリ「Biosignal Art」を
立命館大学、順天堂大学、東京藝術大学が共同開発。

「Biosignal Art」WEBアプリ

DVD
「ACTIVE 5」

2020年4月の非常事態宣言により運動不足が懸念される中
自宅で運動に取り組んでいただけるDVDを約700枚無償配布。
「ACTIVE5」に楽しく取り組む姿をつなぎあわせて1本の動画を作る
「あなたとつくるACTIVE52021」を企画・作成。

あなたとつくる ACTIVE5 2021

特設サイト
「順大さくら“筋活”講座」

“新しい生活様式”に対応するロコモ予防運動プログラム
特設サイト「順大さくら“筋活”講座」を開設。

順天堂大学にて、筋肉量や筋力を向上させるための活動である
“筋活”の重要性や具体的な取り組みについて、情報発信。

特設サイト「順大さくら“筋活”講座」

  • オンライン公開講座の様子

Follow UsActive for All…
活力ある未来のために

TOPICS #01

若手研究者の活躍

未来を支える研究者たち

COI若手連携ファンドの多くに
当拠点の若手研究者が関わっています。
若手研究者のパワーでさらなる飛躍を目指します。

HPで詳しく見る

TOPICS #02

研究開発メンバー

当拠点を支えるメンバーたち

大学ー大学、大学ー企業の強い結びつきが
プロジェクトを支えています

HPで詳しく見る

研究内容、イベントなど
最新情報はこちらからご覧ください。