国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > JST研究開発戦略センター(CRDS)ストリーミングセミナー

JST研究開発戦略センター(CRDS)ストリーミングセミナー

JST研究開発戦略センター(CRDS)は、国の科学技術イノベーション政策に関する調査、分析、提案を中立的な立場で行う公的シンクタンクです。国内外の科学技術分野・関連政策の調査・俯瞰を基に重要課題を抽出し、科学技術イノベーション政策や研究開発戦略の提案およびその実現に向けた取り組みを行っています。

会期中日程限定公開にて、順次セミナーを配信します
JST研究開発戦略センターの紹介とCRDSセミナーの見どころ

資料:「JST研究開発戦略センターの紹介とCRDSセミナーの見どころ」
ポストコロナ時代に一層重要とされるデジタルトランスフォーメーション(DX)が研究開発にもたらす変容や、世界で注目される最先端の研究開発の動向について、CRDSが俯瞰的視点からご紹介します。
各セミナーの配信スケジュール、セミナー関連報告書がダウンロードできるURLも記載されています。是非ご一読ください。

セミナー①「DXが変える・DXで変わる 研究開発の姿」

ビッグデータや AIといったデジタル技術の活用がもたらす新たな価値と変革、すなわち「デジタルトランスフォーメーション(DX)」によって、研究開発の現場や、科学技術と社会の接点で今なにが起きているのかをCRDSが俯瞰的な視点からお伝えします。
また、各国における研究開発推進のための政策や重点投資などについてもご紹介します。

  • 「物質・材料DX ~マテリアルズインフォマティクスとその先~」
    科学技術振興機構 CRDS ナノテクノロジー・材料ユニット フェロー福井弘行
    公開日(限定公開)
    • 9月28日(月)~10月11日(日)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    物質・材料創製にデータ科学を活用するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)に期待が寄せられている。本発表では、「何を作るか?」を目的したMIに加えて、「どう作るか?」のプロセス・インフォマティクス、「何ができているか?」の計測インフォマティクスも含めて、データ駆動型の物質・材料開発の現状や課題、将来展望について紹介する。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「創薬DX ~新薬開発のデジタル化~」
    科学技術振興機構 CRDS ライフサイエンス・臨床医学ユニットフェロー 中村輝郎
    公開日(限定公開)
    • 10月12日(月)~10月25日(日)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    新薬開発には莫大な費用、時間が投入されながら、その成功確率は高くない。今、創薬を効率化するため、あらゆるプロセスにAIなどデジタル技術を活用した取り組みが盛んである。デジタル化で変容する創薬のトレンド、課題、方向性について紹介する。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「ヘルスケアDX ~データによる個別予見・予防医療~」
    科学技術振興機構 CRDS ライフサイエンス・臨床医学ユニットフェロー 宮薗侑也
    公開日(限定公開)
    • 9月28日(月)~10月11日(日)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    生体計測・センシング技術の進化に伴い、医療機関内外でヘルスケアに関するさまざまなデジタルデータを収集できるようになってきており、集めたデータを利活用することで個別予見・予防医療が実現すると期待されている。デジタルヘルスの鍵となるデータ収集・解析の技術開発や、臨床研究の動向について紹介する。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「環境・エネルギーDX ~気象・防災から電力システムまで~ 」
    科学技術振興機構 CRDS 環境・エネルギーユニットフェロー 松村郷史
    公開日(限定公開)
    • 10月12日(月)~10月25日(日)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    数値天気予報に代表されるように、環境・エネルギー分野は古くからデータ活用技術を導入し、発展してきた。最近では、アンサンブル予測情報に基づいたダム事前放流による洪水防災が研究されている。また、電力システムでは需要側から生み出されるデータの活用により、再生可能電力の大量導入を可能にするシステム構築や他用途への利用展開が検討されている。このような環境・エネルギー分野でのDXの潮流や話題を紹介する。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「サイバーフィジカル融合を高度化するデータ取得
    ~センシング・ロボット技術の活用~」
    科学技術振興機構 CRDS ナノテクノロジー・材料ユニットフェロー 馬場寿夫
    公開日(限定公開)
    • 10月12日(月)~10月25日(日)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    高度なサイバーフィジカルシステムの実現には、人工知能や高速通信などに加え、現実の世界の多様なデータを取得するセンシング技術や、良質な研究開発データを取得する高度なロボット技術が重要になる。ここでは、MEMS・化学センサーと研究開発用ロボットの研究トレンド、今後の研究の課題・方向性について紹介する。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「AI活用が研究競争力を生む時代へ ~問題解決プロセスの進化~」
    科学技術振興機構 CRDS システム・情報科学技術ユニットフェロー 福島俊一
    公開日(限定公開)
    • 10月26日(月)~11月30日(月)
    概要

    ビッグデータ・AI(人工知能)技術を用いた問題解決プロセスの進化が、産業構造や社会システムのみならず、科学研究にも変革をもたらしつつある。この進化は、膨大なデータ処理の効率化だけでなく、人間の思考の限界やバイアスを超えて新たな科学的発見をもたらす可能性を持ち、研究競争力を左右するものになる。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「EUのDX ~欧州デジタル戦略2020~」
    科学技術振興機構 CRDS 海外動向ユニットフェロー 山村将博
    公開日(限定公開)
    • 9月28日(月)~10月11日(日)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    EU(欧州連合)では、気候変動対策とともにDXを最優先課題に位置付け、様々な政策を打ち出している。背景には、デジタル分野において、EUを信頼できるグローバルリーダーとして位置づける狙いがある。本講演では、今年2月に発表された「欧州デジタル戦略」を始めとした、EUのデジタル分野における最新の政策動向を紹介する。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「ポストコロナ時代の研究開発の姿 ~リサーチ・トランスフォーメーション(RX)~」
    科学技術振興機構 CRDS 統括ユニットリーダー 永野智己
    公開日(限定公開)
    • 10月26日(月)~11月30日(月)
    概要

    研究開発をDXすることは、目的ではない。今、社会・産業だけでなく研究開発も、新たな時代の新たな姿に変わらなければならない。これまでの延長線だけでは開けない地平に挑むため、私たちには何が必要なのか。ポストコロナ時代に求められる研究開発の変容についてその展望を語る。

    Online参加登録で視聴できます

セミナー②「世界が注目!最先端の研究開発動向」

量子分野や次世代AI、AIを利用したバイオ分野の研究開発が世界中で注目を集めており、我が国でも量子科学技術、AI、バイオ分野の研究開発を推進する戦略が掲げられています。

また、DXを最優先課題と位置付けているEUの推進戦略をご紹介するほか、さらにはポストコロナ時代に求められる新たな研究開発の姿についても展望します。

  • 「量子2.0. ~量子科学技術が切り拓く新たな地平~」
    科学技術振興機構 CRDS システム・情報科学技術ユニットフェロー 嶋田義皓
    公開日(限定公開)
    • 9月28日(月)~10月11日(日)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    量子干渉や量子もつれといった量子力学特有の性質を利用する「量子技術2.0」に世界的な注目が集まっています。その代表例は、量子コンピュータ、量子センサ、量子インターネット、量子シミュレータ、量子マテリアルなどです。本講演では研究開発の動向や海外動向、今後の展望についてご紹介します。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「次世代AI研究開発の2つの潮流 ~米中2強時代に日本は?~」
    科学技術振興機構 CRDS システム・情報科学技術ユニットフェロー 福島俊一
    公開日(限定公開)
    • 10月12日(月)~10月25日(月)
    • 11月9日(月)~11月30日(月)
    概要

    深層学習を中心とした現在のAI(人工知能)技術は顕著な成果をあげている一方、大規模リソースが必要、ブラックボックス、脆弱性等の問題も指摘されるようになった。このような問題を克服し、次世代AIを目指す研究開発を2つの潮流で捉え、その中で日本の強みを活かした取り組みの方向性を示す。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「バイオ×AI 研究開発の俯瞰と最前線」
    科学技術振興機構 CRDS ライフサイエンス・臨床医学ユニットフェロー 島津博基
    公開日(限定公開)
    • 10月26日(月)~11月30日(月)
    概要

    バイオ分野とAI研究の融合は目覚ましく、診断支援、疾患リスク予測、新薬探索、薬効(毒性・副作用)予測)、イメージング画像を用いた高度解析など、AI医療やAI創薬等の研究が世界中で活発化している。このような潮流における研究開発の注目動向、課題と今後の展望について紹介する。

    Online参加登録で視聴できます
  • 「先端技術の確保を巡る米中の動向」
    科学技術振興機構 CRDS 海外動向ユニットフェロー 長谷川貴之
    公開日(限定公開)
    • 10月26日(月)~11月30日(月)
    概要

    次世代AIや量子などの先端技術は産業競争力のみならず安全保障面からも重要であるとして、各国で研究開発が活発化しています。特に米国と中国では、政策主導による巨額のプログラムが近年相次ぎ打ち出されました。本セミナーでは米国における新たな規制導入も含め、こうした技術の確保に関わる最近の動向を紹介します。

    Online参加登録で視聴できます
JST研究開発戦略センター(CRDS)のご紹介
わが国の科学技術振興とイノベーション創出の先導役

JST研究開発戦略センター(CRDS)は、国の科学技術イノベーション政策に関する調査、分析、提案を中立的な立場で行う公的シンクタンクです。

国内外の科学技術分野・関連政策の調査・俯瞰を基に重要課題を抽出し、科学技術イノベーション政策や研究開発戦略の提案およびその実現に向けた取り組みを行っています。

CRDSの成果・活動・コラムなどはウェブサイトでご覧いただけます。

  • 最新情報はメールマガジンで!

    最新情報はメールマガジンで!
  • Facebookでも発信中

    Facebookでも発信中
  • 最新の報告書はこちらから

    最新の報告書はこちらから
お問い合わせ
プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop