国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 数字で見るイノベーション・ジャパン

数字で見るイノベーション・ジャパン

昨年、東京ビッグサイトで開催したイノベーション・ジャパン2019の実績

国内最大規模の産学マッチングイベント。それがイノベーション・ジャパンです。
2019年は8月29日(木)、30日(金)に東京ビッグサイトで開催しました。2日間の会期中は、500を超える大学、ベンチャー・中小企業等の出展者が、研究開発成果の展示・発表を行ったほか、プレゼンテーション、セミナー等で来場者へマッチングを訴求しました。昨年の来場者数、目的、満足度、マッチングの実施状況など、実績データから数字でご紹介します。
なお、今年は、新型コロナウイルス感染症拡大の関係で、JST主催の大学見本市をオンラインで開催します。

Online参加登録でより詳しい出展内容をご覧ください。

Online参加登録

昨年の会場風景

昨年の会場風景
昨年の会場風景

2019年の実績

  • 来場者数

    来場者数

    毎年非常に多くのお客様との新たなイノベーション創出の場を提供

  • 出展社数

    出展社数

    毎年400を超える大学・研究者が出展、研究成果の見える化

  • 来場者の業種

    来場者の業種

    来場者の48.4%が「製造業」の方で、その内訳は、上記です

  • 来場の目的

    来場の目的

    「新技術の情報収集」は例年約75%であるが、「共同研究開発の探索」が近年上がってきている

  • 来場者の満足度

    来場者の満足度

    毎年来場者の満足度は、95%前後であり、イノベーション・ジャパンへの期待が高い

  • マッチングの実施状況

    マッチングの実施状況

    出展研究者と企業の間では、多くの情報交換・商談が行われている

  • 問い合わせ・商談・交渉の具体的な内容

    問い合わせ・商談・交渉の具体的な内容

    共同研究開発の希望が年々増加している

  • 報道関係者(プレス)

    報道関係者(プレス)

    毎年多くの報道関係者が来場

Online参加登録で「シーズサーチシステム」など便利な機能をお使いいただけます。
是非ご活用ください。

Online参加登録
プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop