国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 立命館大学 理工学部 ロボティクス学科
立命館大学 理工学部 ロボティクス学科
松野 孝博 助教
数値的指標に基づく訓練が可能な口腔ケアシミュレータ
出展番号A-03
Ritsumeikan Univercity Assistant professor Takahiro MATSUNO
Oral care simulator capable of training based on numerical data
持続可能な開発目標(SDGs)
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
Withコロナ~科学技術で挑む
一般的な口腔ケアの練習では実際の人で行うことが多くありますが、現状のコロナ渦では感染のリスクがあり推奨されません。一方で、本シミュレータを用いると、感染リスクを回避しつつ練習することができます。また、シミュレータの計測データをオンラインでやり取りすることで、遠隔での口腔ケア練習も可能になります。
共同研究者
立命館大学 理工学部
平井 慎一 教授
札幌市立大学 デザイン学部
三谷篤史 准教授
展示概要

技術概要

本技術では力覚センサを一つだけ用いた口腔ケアシミュレータを提案しました。本シミュレータでは口腔モデルの底部に力覚センサを設置し、独自に開発したアルゴリズムを用いてブラシの接触点と力の計測が可能です。一般的な模型を用いた口腔ケア訓練に対して、本シミュレータでは数値的なデータに基づく練習が可能です。また、従来の計測機能を有するシミュレータと比較しても、配線やセンサ数の大幅な削減ができます。さらに、口腔モデルの歯やブラシ側にセンサを必要としないため、使用可能な口腔モデルやブラシの制約がありません。

想定される活用例

・看護師、介護士のための口腔ケア練習装置
・看護学校、介護施設などの練習用教材
・熟練者の口腔ケア技術の数値的記録機器
・在宅介護などのための遠隔での口腔ケア練習

 

展示のみどころ

《ブースで予定していた展示内容》
口腔ケアシミュレータの体験デモを行います。実際に口腔モデルをブラシで磨き、接触点と力、歯茎の各領域を磨いた時間などの情報がモニタにリアルタイムで表示されること体験できます。また、歯茎モデル上やブラシなどにはセンサなどが一切設置されていないにもかかわらず、接触点と力の計測が可能であることを、実機を見て確認できます。具体的な理論や計測アルゴリズムについても展示で説明します。

口腔ケアシミュレータ

力覚センサに口腔モデルを設置

シミュレータのフィードバック画面

磨いた箇所、時間、ブラッシングの力などを数値・視覚的にフィードバック

1分間動画
数値的指標に基づく訓練が可能な口腔ケアシミュレータ

数値的指標に基づく訓練が可能な口腔ケアシミュレータ

こちらの動画の閲覧には産学オンライン双方向マッチングへの参加登録(無料)が必要です。

オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop