国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 山梨大学 工学部 機械工学科
山梨大学 工学部 機械工学科
浮田 芳昭 准教授
ワンステップ血液前処理技術
出展番号W-18
University of Yamanashi Associate Professor Ukita Yoshiaki
One-step blood sample preparaction
持続可能な開発目標(SDGs)
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
Withコロナ~科学技術で挑む
本技術は、Withコロナに於ける低廉小型な新規血液検査技術の要素技術(血液試料前処理)技術です。
微量血液分析技術の実現により、数10分以下と言う迅速性と定量性を両立する新たな微量血液検査技術の実現に貢献するものと考えられます。
展示概要

技術概要

血液検査において検体の微量化は装置の可搬化、採血負担の軽減、安全性の向上、検査の迅速化に貢献する。我々は、数μLの血液サンプルからワンステップで血球を分離し、血漿を抽出する自律制御型マイクロデバイスを開発した。本デバイスは同様に自律的に動作する免疫測定デバイスと集積可能で酵素免疫測定法(ELISA)等を全自動実行できる樹脂製デバイスであり、シンプル、安価、小型な検査装置を実現できる原理を基盤とする。

想定される活用例

・在宅医療や遠隔医療支援型の可搬血液検査装置
・農作物や水のオンサイト分析

 

展示のみどころ

デバイスの動作の様子がわかるムービーなどを展示資料に用い、発明の効果がわかりやすいプレゼンテーションになるよう工夫いたします。

本発明の効果 / Effects of the novel sample preparation method

血液サンプルに本技術を適用することにより99.99%以上の血球が分離されることを確認した。

製品イメージ / Image of product

本技術によりデバイスの機構を大幅に簡略化できるため、非常にコンパクトで低廉な製品を実現できる。

1分間動画
デバイスの動作の様子 / Behavior of the plasma extraction device

デバイスの動作の様子 / Behavior of the plasma extraction device

こちらの動画の閲覧には産学オンライン双方向マッチングへの参加登録(無料)が必要です。

オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop