国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 北海道科学大学 保健医療学部 理学療法学科
北海道科学大学 保健医療学部 理学療法学科
春名 弘一 准教授
足部エネルギー蓄積型短下肢装具と歩行評価システムの開発
出展番号W-03
Hokkaido University of Science Associate Professor Hirokazu Haruna
Development of a ankle foot orthosis with energy storage function in the foot and gait evaluation system.
持続可能な開発目標(SDGs)
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
共同研究者
北海道科学大学 保健医療学部
昆 恵介 教授
北海道科学大学 工学部
稲垣 潤 教授
展示概要

技術概要

脳卒中片麻痺者の多くは運動麻痺の後遺症が残り、杖や短下肢装具などの歩行補助具が必要となります。しかし、歩行補助具を使用しても、左右の歩幅に差があるという特徴的な歩き方になってしまいます。そこで、今まで困難であった歩行時の蹴り出しを補助するという目的で、足部エネルギー蓄積型短下肢装具を開発しました。この装具を活用することで、片麻痺者の歩き方がより正常に近づくことが期待されます。
合わせて、装具の有効性を簡便に検討する目的で開発した、AIを活用した歩行評価システムも紹介します。

想定される活用例

・脳卒中片麻痺者のリハビリテーション
・通所リハビリテーション事業等での歩行評価
・介護予防事業での歩行評価

 

展示のみどころ

開発した足部エネルギー蓄積型短下肢装具を展示します。
歩行評価システムの計測場面を動画で紹介いたします。

1分間動画

こちらの動画の閲覧には産学オンライン双方向マッチングへの参加登録(無料)が必要です。

オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop