国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 日本大学 歯学部 歯学科
日本大学 歯学部 歯学科
山口 洋子 助教
全く新しい歯周炎治療法の提案
出展番号W-12
Nihon University Yamaguchi Yoko
A novel therapeutic strategy for periodontitis.
持続可能な開発目標(SDGs)
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
共同研究者
奥羽大学 薬学部
大島光宏 教授

展示概要

技術概要

我々は、歯周炎患者の歯肉から、コラーゲンを極度に分解する歯周炎関連線維芽細胞(PAF)を分離しました。PAFで「生体外歯周炎モデル」を構築したところ、肝細胞増殖因子(HGF)が原因候補遺伝子として浮上しました。そこで、モデルに抗HGF中和抗体を添加したところ、コラーゲン分解が顕著に抑制されました。更にこの抗体を、歯周炎を自然発症したカニクイザルの歯肉に注射したところ、臨床指標・病理標本観察により炎症の改善を確認しました。以上から、抗HGF中和抗体局所投与による全く新しい歯周炎の治療法を提案します。

想定される活用例

・歯周炎治療薬として、歯周炎罹患歯肉への注射による投与。

 

展示のみどころ

生体外歯周炎モデルの展示による治療薬候補のスクリーニング方法の解説。
歯周炎を自然発症したカニクイザルへの抗HGF中和抗体投与の効果。

 
オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop