国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 上智大学 理工学部 物質生命理工学科
上智大学 理工学部 物質生命理工学科
鈴木 伸洋 准教授
ビタミン散布による葉物野菜のチップバーン抑制
出展番号L-16
Sophia University Nobuhiro Suzuki
Attenuation of Tipburn in leaf vegetables by Sprayng Vitamines
持続可能な開発目標(SDGs)
飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
展示概要

技術概要

チップバーンは出てからでは対策はできません。出る前の対策が必要です。今回は葉物野菜の生育初期段階にビタミンを1度散布するだけでチップバーンを抑える手法を紹介します。人口光の下で栽培したハクサイを用いた近年の当研究室の研究により、チップバーンに弱い品種ではチップバーンが出る数日以上前から活性酸素が増加することがわかりました。そこで、活性酸素を除去することが知られているビタミンを生育の初期段階に散布したところ、チップバーンの発生を抑えることに成功しました。

想定される活用例

・植物工場でチップバーンを抑えるシステム
・露地栽培した葉物野菜のチップバーン抑制

 

展示のみどころ

今回紹介する技術は、植物科学を15年以上研究してきた発表者が最新の研究成果から着想を得たものです。この技術の効果を示す最新研究の成果と共に、今回の技術開発に至るまでの裏付けになるデータも紹介します。

ビタミン処理のないハクサイ

ビタミン処理をしていないチップバーンが発生したハクサイ

ビタミン処理をしたハクサイ

ビタミン処理を施し、チップバーンのないきれいなハクサイ

 
オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop