国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 岐阜工業高等専門学校 環境都市工学科 岐阜工業高等専門学校
岐阜工業高等専門学校 環境都市工学科 岐阜工業高等専門学校
和田 清 教授
河川堤防における越流破壊対策 ソルコマット法尻補強工法
出展番号D-10
National Institute of Technology, Gifu College Professor Kiyoshi WADA
Solcomat construction method for protecting the lower end of river bank slopes Countermeasures against overflow damage on river banks
持続可能な開発目標(SDGs)
都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする
共同研究者
旭化成アドバンス株式会社
関下 啓誠 建材本部 環境資材事業部 技術部 技術1課 課長
揖斐川工業株式会社 アイケイコンクリート
増田 治雄 技術開発室 室長
展示概要

技術概要

近年、線状降水帯や台風を誘因とした集中豪雨が発生し、河川を流れる流量が超過洪水となり、河川堤防を越えて越流し、破堤する事例が多発し、甚大な被害が頻発している。万が一、堤防が破堤しても人命を守るための避難行動の時間を確保するためには、堤防が破堤するまでの時間を引き延ばす粘り強い堤防の補強技術が求められている。ソルコマット法尻補強工法は、河川堤防の裏法尻に連続的に施工することで、越流が発生しても局所洗掘を防止し、破堤するまでの時間を引き延ばす効果があることが実スケールの水理実験で確認されている。

想定される活用例

・粘り強い堤防強化事業への適用
・河川堤防裏法尻補強工法(治水安全度の向上)
・河川危機管理型ハード対策事業への適用

 

展示のみどころ

 粘り強い堤防整備に寄与するブロックマット法尻補強工法について、実スケールの水理実験、模型実験および数値解析による検討を行った。法裏部にブロックマットを連続的に水平設置した場合には、従来工法よりも裏法尻周辺の最大洗掘深を30〜40%程度にまで低減させることができる。ブロックマット工法の連続的な曲面により、越流水を円滑に水平移行させ、ブロックの粗面乱流によるエネルギー減勢効果などが大きく寄与している。

ソルコマット法尻補強工法施工事例 / Construction example:Slope protection behind the embankment with Solcomat

ソルコマット(ブロックマット)河川堤防裏法尻補強工法施工事例

ソルコマット法尻補強工法ブロック写真 / Block photo:Slope protection behind the embankment with Solcomat

ソルコマット(ブロックマット)河川堤防裏法尻補強工法 ブロック写真

1分間動画

こちらの動画の閲覧には産学オンライン双方向マッチングへの参加登録(無料)が必要です。

オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop