国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 鹿児島大学 大学院理工学研究科 理学専攻
鹿児島大学 大学院理工学研究科 理学専攻
小山 佳一 教授
磁場制御による高機能性物質材料の合成・育成と分解・分離制御及びリサイクル技術
出展番号Z-44
Kagoshima University Professor Koyama Keiichi
Synthesis, decomposition, separation and recycling technology of a high functionality substance by magnetic field control
持続可能な開発目標(SDGs)
持続可能な消費と生産のパターンを確保する
共同研究者
鹿児島大学 大学院理工学研究科
三井好古 准教授
鹿児島大学 研究推進機構研究支援センター
尾上昌平 技術長
展示概要

技術概要

磁場は医療MRIで使用されるなど、クリーンで非接触な環境です。地磁気の5万倍超の磁場を使った、磁性材料の合成・分解・分離、組織制御研究から、優れた磁石特性の創出や磁石合成プロセスの効率化方法、希土類磁石の新規分離リサイクル方法を発明しました。非磁性合金や非磁性元素から磁場×磁気のエネルギーで磁石合金の誘起・合成も示しました。合金とその原料の磁場感受性が温度によって異なることを利用して、磁石合金の分解・分離リサイクルも可能です。安価な強磁場環境の製造工程導入に備えた高機能生産物評価の進取的研究です。

想定される活用例

・磁石特性が発現し難い物質への適用
・熱処理ー磁場中処理の合成プロセスの省力化
・薬品で磁石を溶解し元素分離リサイクルする従来手法の温度・ガス雰囲気・磁場で代替
・従来材料を用いてニッチ特性領域磁石の合成

 

展示のみどころ

磁場は医療MRIで使用されるなど、クリーンで非接触作用できる環境です。地磁気の5万倍超の磁場を使った、磁性材料の合成・分解・分離、組織制御の興味ある結果をご覧ください。優れた磁石特性の創出や磁石合成プロセスの効率化方法、希土類磁石の新規分離リサイクル方法を開発しました。本技術では、パートナーの注目する物質材料の適合・評価と応用が容易な点が特長です。

鹿児島大学 小山佳一 / KOYAMA, Keiichi, PhD, Kagoshima Univ.

出展代表者

磁場中物質合成分解熱処理装置 / In-field heat treatment furnace system for gas-solid reaction under magnetic field

本研究の実験装置の一例

 
オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop