国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 システムデザイン工学科
大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 システムデザイン工学科
小林 裕之 教授
既設照明機器とQRコードでかんたん高性能屋内定位
出展番号I-23
Osaka Institute of Technology Professor Hiroyuki Kobayashi
Simple and efficient indoor self-localization techniques for smart devices
持続可能な開発目標(SDGs)
レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る
展示概要

技術概要

本技術はスマートフォンを用いてGPSが利用不可能な屋内で自己位置を推定するものです。推定は2つの技術の組み合わせると2段階で行えますが、単独利用も可能です。まず第一の方法は既設の照明機器を(装置に改変を行うことなく)個体識別することによる大雑把な定位です。誤差は照明光の密度に依存しますが概ね1mないし3m程度です。続いて、QRコードを高解像度カメラで撮影することによる定位で、こちらはmm単位の推定が可能です。後者の手法は位置だけでなく端末の姿勢も推定することが可能です。

想定される活用例

・屋内外の移動体の自己位置推定。
・自律移動機械のナビゲーション(3次元移動するドローン等も含む)。
・携帯端末を用いた人間の誘導。

 

展示のみどころ

動画によるわかりやすい実験をご紹介します。屋内を歩きながら次々と照明光を個体識別し、言い当てていきます。

インフラレス屋内定位 "CEPHEID" / Infrastructure free indoor positioning "CEPHEID"

既設の照明光をそのまま使った自己位置推定手法です。写真ではスマートフォンを使っていますが、マイコン等でも実装可能です。

SeTTLE コード / SeTTLE code

6軸(位置・姿勢)自己位置推定が可能なQRコードです。特許取得済み。

1分間動画
既設の照明装置をそのまま使って屋内定位デモ / infrastructure-less indoor positioning demonstration

既設の照明装置をそのまま使って屋内定位デモ / infrastructure-less indoor positioning demonstration

こちらの動画の閲覧には産学オンライン双方向マッチングへの参加登録(無料)が必要です。

オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop