国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > 大学等シーズ展示一覧 > 旭川工業高等専門学校    
旭川工業高等専門学校    
阿部 敬一郎 准教授
ロケットで農場を管理するシステム
出展番号K-01
National Institute of Technology (KOSEN), Asahikawa College Associate Professor Keiichiro Abe
The farm management system with rockets
持続可能な開発目標(SDGs)
持続可能な消費と生産のパターンを確保する
展示概要

技術概要

小型ロケットによって、上空から農産物の生育を監視するシステム。
使用免許が不要な火薬の量でロケットを打ち上げ、上空から撮影します。
撮影した情報から農産物の生育状況を知ることができるので、農薬や肥料といった自然に影響を与えるものの使用を最低限にし、持続的農作物開発に繋げられます。
ドローンによる同サービスは、農地全体を撮影するために大きく高価な機体が必要となり、また農地を自動操縦するためのアンテナ設備、プログラミングなどの投資も必要で、一般農家は使用することが難しく、外部に委託する費用も高いです。

想定される活用例

・農業環境のため、中害獣の生息を観測し、殺傷に結び付けることができる
・当該農地の天候等の気象情報を包括的に監視することができ、農作物の効率よい生育に寄与できる
・高齢農業従事者のアラートを発見できる

 

展示のみどころ

一般家庭で子どもたちが作れるようなロケットに、最新技術を盛り込んでいるところ。
農業環境の改善に誰もが着手することができる。
上空からの情報を誰もが身近に集めることができ、そこから積み上げる実績によって農地のIoT化に繋げることが見込める。しかもICTが苦手な人でも自分の農地の分析データを使い、より安全で自然に優しい農作物を生産することができる。

ロケットの全体図 / The general view of our roket

農場で打ち上げるロケットの全形です.中にカメラを入れ,限られた火薬で打ち上げるために,軽量の設計にしています.よって素材はケント紙.新型コロナウィルス対策のため遠隔で研究を進めているので,画面はZOOMでのやり取りしている様子を撮影したものです.ロケットを持っている中学生は,北海道ジュニアドクター育成塾の受講生で,2年目の第2段階の研究の一環として,協力してもらっています.実際の打ち上げにもお手伝い願います.

ロケットの分離後,射出される撮影機 / The camera airframe which is emitted after the rocket separated

ロケットが上昇しきると,ロケットの下半分が落ちます.続いてロケットの先端部が開き,格納してある撮影機は射出されて,パラシュートを開きます.撮影機は地面に向けてシャッターを切り続け,落下しながら農場を撮影していきます.ロケットの上下と撮影機は地上で回収し,燃料を交換すれば再利用することができるように設計しています.またロケットの素材は紙なので,安価に再作成することができます.

 
オンライン開催でもシーズとの出会いとマッチングを支援します
産学オンライン双方向マッチング Univercity for Citizen and Company

シーズサーチシステム

イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineに参加登録(無料)いただくと、キーワード検索や展示ポスターなど実展示さながらの各技術シーズ詳細資料の閲覧も可能!

ニーズオファーシステム

参加登録(無料)いただいた企業のご担当者には、ご希望があれば出展全大学へニーズを匿名で相談できる場もご提供!

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop