国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > JST事業成果展示 > 【ACCEL】 後藤 Project
【ACCEL】 後藤 Project
技術テーマ名:次世代メディアコンテンツ生態系技術の基盤構築と応用展開
音楽の中身を自動解析する技術により新たな価値を生み出す
分野情報・システム
展示概要

課題名

次世代メディアコンテンツ生態系技術の基盤構築と応用展開

採択年度

2016

研究代表者

後藤 真孝 (産業技術総合研究所 人間情報インタラクション研究部門 首席研究員)

プログラムマネージャー

伊藤 博之 (科学技術振興機構)

技術紹介

鑑賞や創作の側面から人々を支援する技術を確立し、「音楽コンテンツ生態系のサービスプラットフォーム」を実現することで、次世代のメディアコンテンツ産業の発展に貢献することを目指します。具体的には、音楽理解技術を強化することで大規模な楽曲をより多様に分析し、好みの音楽をより能動的に楽しむことのできる鑑賞支援技術を実現します。さらに自分らしい、自分の好みに合った音楽コンテンツを自由自在に生み出せる創作支援技術の研究開発を進めます。また、他の人にコンテンツの魅力を伝える行為(協創)も支援し、音楽コンテンツの価値をさらに増幅させていきます。

研究代表機関URL

OngaACCELプロジェクトホームページ
https://ongaaccel.jp  

研究代表者: 後藤 真孝(産業技術総合研究所)
https://staff.aist.go.jp/m.goto/index-j.html

OngaACCELプロジェクト

大規模な音楽コンテンツの蓄積に対する分析・合成を可能にする技術を実現することで、鑑賞・創作・協創の三つの側面から人々を支援するための基盤技術を構築します。さらにその応用展開として、鑑賞支援サービス、創作支援サービス、協創支援サービスなどの様々なサービスを実現可能にする「音楽コンテンツ生態系のサービスプラットフォーム」も構築することで、次世代のメディアコンテンツ産業の発展に貢献することを目指していきます。
https://ongaaccel.jp

Songle Sync(ソングルシンク)

Songle Syncは、音楽の再生に同期して多数の機器を制御することで一体感のある演出ができる大規模音楽連動制御プラットフォームです。音楽に連動させて、数百~数千台のデバイス上で様々な演出を描いたり、光らせたり、動かしたりすることが可能です。
https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20170802/pr20170802.html
https://api.songle.jp/sync

10分間動画
ACCELプログラム 平成28年度採択 後藤課題 研究紹介動画

ACCELプログラム 平成28年度採択 後藤課題 研究紹介動画

こちらの動画の閲覧には産学オンライン双方向マッチングへの参加登録(無料)が必要です。

お問い合わせ先

国立研究開発法人 科学技術振興機構 戦略研究推進部

メールアドレス:suishinf@jst.go.jp

住所:〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K's五番町

電話:03-6380-9130  FAX:03-3222-2066  

URL:https://www.jst.go.jp/kisoken/accel/

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop