国立研究開発法人 科学技術振興機構
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Innovation Japan 2020 ~大学見本市 Online
Home > JST事業成果展示 > OPERA (東京大学)
OPERA (東京大学)
共創コンソーシアム名:機能性バイオ共創コンソーシアム
微細藻類の秘められた可能性を解き放つ先進のバイオリファイナリー
分野生物科学、水圏応用科学、環境創成学、プロセス工学・化学工学
展示概要

研究課題名

低CO₂と低環境負荷を実現する微細藻バイオファイナリーの創出

プロジェクト実施期間

2018年度~2022年度。(育成型):FSフェーズ:2018年度~2019年度:本格フェーズ:2020年度~2023年度

幹事機関、領域統括(所属)

国立大学法人東京大学 三谷啓志(大学院新領域創成科学研究科 教授)

参画機関(大学等、企業等)

東京大学、お茶の水女子大学、国立環境研究所、産業技術総合研究所、筑波大学、中央大学、高知大学、宮崎大学、理化学研究所、宇都宮大学、茨城大学、国立遺伝学研究所、信州大学、東洋大学、(株)ユーグレナ、(株)デンソー、理研食品(株)、(株)アルガルバイオ、(株)ゲノム創薬研究所、三菱商事ライフサイエンス(株)、パナソニック(株)、(株)松風、(株)太洋サービス、富士通クオリティ・ラボ・環境センター(株)、(株)竹中工務店、不二製油グループ本社(株)、ENEOS(株)、(株)ドクターズチョイス、バイオックス化学工業(株)、(株)ニュートリション・アクト、コスモエンジニアリング(株)、東京電力ホールディングス(株)

めざす未来

パリ協定の「2030年度GHG排出量を2013年度比26%削減」は待ったなしである。そのためCO2削減効果の大きい微細藻バイオマスを原料としたバイオ燃料の実用化に期待がかかっているが、高い製造コストが障壁となっている。一方、微細藻類には酸化防止剤、天然染料、多価不飽和脂肪酸などの有用物質が含まれており、化粧品、栄養補助食品、飼料等として既に利用されている。このことから、3,000株のライブラリーから選抜した微細藻類を原料とした有用物質生産とバイオ燃料生産を実現し、それらを統合したバイオリファイナリー・プロセスを創出することにより、バイオ燃料の製造コスト削減し、バイオ燃料の早期実用化を目指す。

研究のポイント

・2030年にパリ協定(温室効果ガス排出量2013年度比26%削減)の達成に貢献する。
・2035年に最大20兆円の国際市場規模と予想されるバイオ燃料の生産に貢献する。
1.微細藻類 3,000 株スクリーニングと変異導入による高生産株の探索
2.閉鎖系バイオリアクターによる微細藻類の培養と回収
3.触媒化学による微細藻類バイオマスからの燃料と機能性化学品合成
4.機能性試験と新規成分抽出法の確立と機能性素材の開発と応用
5.バイオエコノミーと市場調査:機能性バイオによる低炭素社会の実現

ここがすごい

微細藻類は、太陽光のもとで(独立栄養条件)、CO23.3トンと水2.5トンから油脂1トンと残渣1.5トンを作り出せる。本OPERAは、この微細藻類バイオファイナリーを目指す総額13億7750万円のビッグプロジェクトである。バイオ燃料の原料である油脂を高度に生産する微細藻類が必要となる。このような微細藻類を取得するためのキーテクノロジーとして、微細藻類3,000株スクリーニングと重イオンビーム育種とゲノム編集を実施する。

企業への一言

バイオ燃料の国際市場予測は、2035年で7,560億~20兆円とされ、バイオ燃料産業の育成によって新たな基幹産業が創出されると期待されている。私たちは、微細藻バイオ燃料の大量生産や商業化の障壁となっているコストの壁をバイオリファイナリーの活用により打破し、バイオジェット燃料の実用化に向かう道筋を新たに提案するとともに、バイオリファイナリーよる機能性バイオの商業化を積極的にめざしている。

OPERAの5つの研究開発課題と9つのキーテクノロジー / 5 R & D issues and 9 key technologies in our OPERA project

本OPERAは「低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出」に関わる5つの研究開発課題を、㈱ユーグレナや㈱アルガルバイオなど18の民間企業と14の大学・国研との共同研究で解決する。その問題解決の糸口となるのが大学・国研の誇る9キーテクノロジーである。1から9までを各研究開発課題に張り付けシンボリックなカットを配置した。

OPERAの5つの研究開発課題とそれぞれに参画する14の大学・国研と18の民間企業  / 5 R & D issues and 14 universities / national research institutes and 18 companies participating in our OPERA project

5つの研究開発課題を箇条書きにして、それぞれに参画する大学・国研と民間企業を記した。大学・国研は14、民間企業は18になるが、㈱ユーグレナや㈱アルガルバイオのように複数の研究開発課題に関わる企業もある。大学・国研と民間企業の延べ数を右端に赤字で示した。なお、5つの研究開発課題は「株の創出」、「バイオリファイナリー」、「バイオエコノミー」の3つにカテゴライズされる。

10分間動画
低CO₂と低環境負荷を実現する微細藻バイオファイナリーの創出 / Microalgae Biorefinery to Reduce CO2 Emissions and Environmental Impact

低CO₂と低環境負荷を実現する微細藻バイオファイナリーの創出 / Microalgae Biorefinery to Reduce CO2 Emissions and Environmental Impact

こちらの動画の閲覧には産学オンライン双方向マッチングへの参加登録(無料)が必要です。

お問い合わせ先

東京大学 新領域創成科学研究科研究交流係

メールアドレス:k-kenkyu@adm.k.u-tokyo.ac.jp

電話:04-7136-5506  

URL:https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/functionalbio/index.html

 

プライバシーポリシー   参加規約
© 2020  イノベーション・ジャパン2020運営事務局

PageTop